大阪での「空飛ぶエアタクシー」事業、2025年創業に向け始動!!

エアタクシーが飛び交う未来がすぐそこまで来ている!

空飛ぶクルマ、物流ドローンの開発を行っているSkyDriveは、2025年の万博開催時に大阪ベイエリアでのエアタクシーサービスの実現を目指し、株式会社大林組、関西電力株式会社、近鉄グループホールディングス株式会社、東京海上日動火災保険株式会社と5社共同で「空飛ぶクルマによるエアタクシー事業性調査」 を実施することを発表しました。

 大阪府は、2020年11月に大阪を舞台とした空飛ぶクルマの社会実装に向けた動きを加速させるべく、具体的かつ実践的な協議・活動の核となる「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」を設立。

SkyDrive社は2025年の万博開催時に大阪ベイエリアでのエアタクシーサービスの実現のため、そして「空飛ぶクルマ」の社会実装に向けて5社共同で事業を行う予定。

「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」設立式の様子

実証実験の概要

 本事業では、生活者モニターを対象にドローンによる海上飛行実演を行うとともに、空飛ぶクルマのフルスケール展示機や周辺技術・サービスの展示、説明を行い、アンケート調査を実施。空飛ぶクルマの認知度ならびに社会受容度を確認し、将来的な事業の可能性を検証していく。

(1)事業名称
 空飛ぶクルマによるエアタクシー事業性調査

(2)実証場所
 大阪ベイエリア

(3)実証実験実施時期
 令和3年秋に実施予定

(4)調査概要
 大阪ベイエリアでのエアタクシー事業創出に向けて、マーケティング調査を行う。
 ポート候補地に地域住民を招待し、アンケート及びインタビュー調査を実施する。
 以下の3つを実施し、空飛ぶクルマの社会受容状況を確認し、将来的な事業の可能性を検証する。
 ①ドローンによる海上飛行実証
 ②空飛ぶクルマのコンセプト機体の展示
 ③空飛ぶクルマ周辺技術(ポート建設、充電・エネルギー関連等)の展示及び検証

共同実施体制

SkyDrive・ドローン手配及び海上飛行のオペレーション
・空飛ぶクルマ展示機体の手配・関連する調査内容作成
大林組・空飛ぶクルマポートのイメージ展示及び調査内容作成
・物流ドローンによる建設物流実証紹介
関西電力・ドローン海上飛行を通じてのバッテリー消費量の分析
・最適な充電方法の検討と、関連する調査内容作成
近鉄GHD・大阪ベイエリアにおける空飛ぶクルマのサービスモデル検討
・周辺施設(海遊館)との連携に関する検討
東京海上日動・大阪エリアにおける社会受容性調査の全体設計・取り纏め
・空飛ぶクルマの保険の設計及び開発に向けた検討

参考:プレスリリース

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Enable Notifications    OK No thanks